忍者ブログ
ジュビロ磐田と名波浩と相馬直樹を愛するちゃぽのぼやきです。 主にJリーグ、バレンシア、映画のことを中心に日常を綴っています。 日記に関するコメントはリンクの中にある伝言板に残してもらえると嬉しいです♪♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

R0014230.jpg

世界遺産に登録されているジェロニモス修道院。
見学できるのは、大聖堂と回廊部分(写真の手前半分)だけで、
その他の部分はどうなっていうのか気になるところ。

いやしかし、デカい!!!


R0014234.jpg

真っ青な空に白い壁が綺麗だった。



R0014235.jpg


無料で入れる大聖堂。



R0014236.jpg

蜘蛛の巣のような天井。
こういう天井装飾ってなんて言うんだっけなぁ・・・(^^;

建築様式的には、マヌエル様式っていうらしいよ?(by wiki)


R0014245.jpg

袖廊のバラ窓から降り注ぐ光がとても綺麗で!!
写真だと凄く眩しい感じだけど、
実際は柔らかい日差しが教会の中を照らしていた。


R0014246.jpg

バスコ・ダ・ガマの棺。
本国でも有名人なんだなと。


R0014252.jpg

世界遺産である修道院の回廊!
装飾が美しすぎてテンション上がるわっ!!!


R0014253.jpg

回廊は2層式。
上にも上がれる。



R0014281.jpg

中庭の隅にあったライオンの噴水。
ライオンがあまりにもブサイクでwwwww


R0014272.jpg

2階に上がる階段から撮ってみた。



R0014288.jpg

ジェロニモス修道院全体。
後悔されてるのは右4分の1くらい。
残りはまだ現役の修道院なんだろうか??

拍手

PR
飛行機の機体整備のため半日も足止めを喰らったパリで、
雨宿りも兼ねて見学したサント・シャペル。




ちょうどクリスマス前だったので、ツリー飾ってあった。
青地に金色の百合模様が綺麗な天井だったなぁ。

これは、1階の小礼拝堂?




これが2階の大礼拝堂
ホントにステンドグラスが綺麗!!



外は雨なのに凄く明るくて、晴れの日だったら眩しすぎるんだろうなと。


R0014144.jpg

ステンドグラスは正面左手から順に旧約聖書の物語が描かれているらしい。
でも、ステンドグラスが明るすぎてよく見えないwww


R0014155.jpg

バラ窓も綺麗だった。



R0014147.jpg

足下のタイル模様。
これ、フランス王家のだったはず。
他にも動物の紋章とかいっぱいあって、テンション上がった!!


規模的にはこぢんまりとした礼拝堂だったけど、
ステンドグラスはホントに綺麗だったなぁ。
壁沿いに並べてある椅子に座って、じ~~~~っっっっくり眺めていたくなった。





雨のパリからシャルル・ド・ゴール空港に戻ってきたら、
雨は止んで虹が出てるとか!!
憎いっっっ!!!

拍手

今日はもう帰る日。
お土産を買ってないので、お土産買うために7時起床。
の予定が、あまりよく眠れず、目覚ましなる前に目が覚めた。
やっぱ枕が合わないのかな・・・。
身支度して、朝食へ。
朝食の時にしかネット繋げないんだよなぁ。
ネットしつつご飯食べて、お土産何買おうかガイドブック見ながら考える。
自分用のお土産は買ったからなぁ。

部屋に戻って、荷造りの準備。
お土産買ってくるまで、完全に荷造りは出来ないから。
トランクに入れる物と機内持ち込み用と分ける程度。
そして、お土産を買うため、外へ。

ホテルを出たのは8時過ぎくらいだったんだけど、
目の前の通りを忙しなく人が歩いていてビックリした。
そうえいば、今日は月曜日なんだった。
自分がメインで動いていた日が土日だったから、
人通りも少なくのんびりしてたのか。
平日のリスボンは、首都らしく人々がせかせか歩いてた。

天気は今日も晴れ。
3日連続で晴れるとは思わなかった!!
旅行でこんなに晴れたことはない気がする!
ポルトガルとは相性良いのかも。

地下鉄に乗って、フィゲイロ広場へ。
地下鉄も混んでるし、来る間隔も短い。
平日と休日であんなに違うのか。

フィゲイロ広場にあるマーケットに入る。
入り口は狭いけど、奥は結構広い。
地元のマーケットって感じで小汚いが、種類は豊富。
缶詰とか瓶詰めとかを物色。
野菜売り場の所に柿があった!!
しかも、”KAKI”って書いてあった。
柿って世界で通じるのか。

マーケットの次はスーパーへ。
こっちでも缶詰買ったり、ワイン買ったり、ペーパーナプキン買ったり。
ワインは色々種類があって、安いのだと1ユーロくらいからあった。
でも、安すぎるのは良くないだろうと思って、
棚にあるワインの中で平均的な金額のものにした。
それでも3ユーロ!!安いな。

ペーパーナプキンはクリスマス仕様なものがいくつかあって可愛かったので!
ちょうど友達とクリスマスパーティーするから、その時使おうっと♪

缶詰は鰯のパテとかを買った。
バカリャウのオリーブオイル漬けとかも。
いっぱい買ったなとか思ったけど、もっと買えば良かったかなぁ。
こういうパテってあんまり日本じゃ売ってないから。

とりあえず、大体のお土産は買ったかなって感じで、ホテルへ戻る。
んで、最終的な荷造り。
そこで発覚したのだが、私4日分の着替え持ってきてたwww
いつものように3日分しか持ってきてないって思ってたから、
洋服洗濯してたのに、4日分あるなら洗濯しなくて良かったじゃんwww
アホ過ぎる・・・・。

荷造りは、サクッと完了。
まだまだトランクには余裕あり。

で、ホテルをチェックアウト。
でも、まだ飛行機まで時間があるので、
一旦ホテルに荷物を預けて、今度はエル・コルテ・イングレスへ。
最後にデパートのスーパーで、金平糖とケイジャーダを探す!!

ってことで、エル・コルテ。
スーパー広すぎて、探すの大変だったけど、ケイジャーダは発見した!!
金平糖は発見出来ず・・・。
他にもいろいろ物色したのが、ここはスペイン系デパートなので、
スペインのブランドやイタリアのブランドが多く、
ポルトガルの物ってあんまなかった感じ。

まだ時間があるので、デパート内のカフェでコーヒーミルクを飲む。
あと、クリスマスの催事場で可愛いクリスマスカード買った!!
カード買ったとき、レジのおばさんに「Boa Natal」って言われた♪
こういうさり気ない温かみが良いよねぇ。

さて、そろそろホテルに戻って空港に向かうかな。
でも、その前にホテルの近くでお昼を食べる。
半人前のメニューを出してたお店に入って、
白身魚のフライと豆リゾットのセットを注文。
半人前でもちょっと量が多く、食べきれずww
結局、最後までデザートには辿り着けなかった・・・。

お昼ご飯も食べたので、ホテル戻って荷物を受け取り、
バスに乗って空港へ。
空港直行のバスと空港を通る路線バスとがあって、
路線バスの方が来るのが早かったので、そっちに乗った。
だけど、バス停が分かるかドキドキだったんだけど、
偶然、バス停の名前を読み取れたのが、空港の一つ手前のバス停だったので、
無事に次降りますボタン押せた。

空港着いて、チェックインをして、中に入る。
免税店でベンフィカのアイマールユニがあって、
値段見たら、こっちの方が高かった。なんで??

空港内のお土産屋さんでも色々欲しくなってしまったのだけど、
そこはグッと堪えて、ポルトガルで作ってる紅茶だけ買った。
あと、最後にパステイス・デ・ナタを食べた!!
この味ともさよならですよ・・・寂しい・・・。

4時前に飛行機に乗ってシャルル・ド・ゴールへ。
帰りたくないよぉって気持ちはなかったけど、
リスボンは良いとこだったなぁ。
また来たいなぁとは思う。

7時過ぎにシャルル・ド・ゴール到着。
日本行きのターミナルに移動。
すんごい歩かされた・・・。

搭乗ゲートで日記を書きながら待つ。
途中、お腹減ったので、カフェでサンドイッチとカフェラテを飲む。
不味いサンドイッチが5ユーロもして、フランスって物価高いな。
ユーロの現金がほとんどなかったのでカードで支払い。
そしたら、後ろにいた外人の兄ちゃんが、
ユーロ紙幣見せながら「これ、使えますか・・・?」って拙い英語で聞いてて、
私がカードで支払ったから、使えないとか思ったんだろうかwww
ちょっと可愛かったwww

今回は夜の11時半にパリを発つ便で、
あんま人いないだろうとか思ってたら、満席だった。
しかも、子供連れが多くて煩かった・・・。
離陸してからずっと耳が痛いと泣きわめくガキンチョにはイラッとした。

飛行機の中では3時間くらいは寝れたかな?
あとは本読んだり、日記書いたり。
エコノミーはやっぱ窮屈だなぁと、
プレミアムエコノミーを経験してしまうと余計感じる。


20日の19時過ぎに成田到着。
明日は会社かぁ・・・って思いながら、帰宅。
でも、あんまり疲れはないかな?
ポルトガル、良かったよー!!って言いたい気分。




正直、ポルトガルという国に最初は興味がなく・・・。
ご飯美味しいって言われても、スペインやイタリアで不味い飯にも出会ってるから、
あんまり期待してなかったし、
時期的に雨期だから雨が多いって聞いてたんだけど、
行ってみたら、3日とも晴れだし、
ご飯美味しいし、街中綺麗だし、治安良いし。
すっかりポルトガルが好きになってしまったわ!!
なんか、これといって強い観光ポイントはないけど、のんびり旅行したいね。
国の大きさ的にもそんなに広くはないから、
急いで回る必要ない感じだし。

交通網は案外整備されているから、移動も楽だったなぁ。
使った限り、時間は結構正確。

全然悪いところ見当たらないよ!!


ということで、超お勧めします!!ポルトガル!!

拍手

今日はロカ岬に行くため6時半に目覚ましかけた。
でも、6時に目が覚めちゃって悔しい・・・。
なんかベッドが柔らかいせいか、熟睡出来なくて・・・。
夜中の3時くらいに1回目が覚めちゃって、
昨日は時差ボケかな?って思ったけど、
今日も同じくらいの時間に目が覚めたから、
これはベッドのせいだなと。
枕もベッドも柔らかすぎてどうもいかん・・・。

のんびり身支度をして、
朝食まで時間があったので、昨日買ったパォン・デ・ロを食べた。
日本のカステラみたいに甘くなかった。
むしろ、しょっぱい感じ?
日本で言う塩大福とかみたいな、しょっぱさで甘さを引き立たせるみたいな、
そんな感じのしょっぱさがあり、
日本ほどふわふわもしておらず、
こんなもんかぁ程度な感じ。
まぁ、昨日食べてたら違ったのかもしれないけどww

それから7時に朝食へ。
その前にちょっとフロントに寄って、
iPhone見せながら、無線LANが使えないんだけどって言ったら、
自分の部屋にいたときには表示されなかったネットワーク名が出てきて、
これだよって言われて、繋いでみたら、ネット繋がった。
なんだ、ネットワーク名が違ったのねって思ったんだけど、
自分の部屋に戻るとそれがなくなる・・・。
ってことは、部屋じゃ使えないと、そういうことか・・・orz
それじゃあ、初日はなんで使えたんだ?って感じだけど、
使えないことには変わりないからしょうがないか・・・。

朝食は軽めで。
ハムとかベーコンとかあんまり美味しくないし。
ネスプレッソ、使ってみた。
数種類のポーションみたいなのがあって、
それをマシンにセットすると1杯分が出てくるんだけど、
どのポーションを使ったらいいのやら分からず・・・。
ホテルの人が使い方教えてくれたけど、
味はどれがどう違うのか分からなかったので適当に選んだやつを
牛乳入れて飲んだ。

朝食後、すぐ準備をして8時前にはホテルを出発。
ロカ岬に行く前にまずはシントラへ。
今日も外は快晴!!

シントラ行きの列車はロシオ駅から出てるので、地下鉄でロシオ駅へ。
大抵、ヨーロッパの都市にある列車の駅って、
旧市街からは離れたところにあるのに、
ロシオ駅は旧市街の中にあるから不思議。
建物もなんか駅っぽくないんだよね。
あんまり間口が大きくなくて。

で、建物の中に入ると、上に行く階段しかない。
電車がない。
今までにないパターンだ。
とりあえず、階段を上る。
すると4階分くらい上がったところに、
切符売り場やホームがダダーンとあって、ビックリ!
外を見てみると、建物のすぐ後ろが丘になってて、
多分、丘の斜面を利用してこの駅があるんだろうなって感じ。

切符は自動券売機で買えるのだけど、
買い方がどうもよく分からなかったので、窓口へ。
シントラ行きの片道切符を買う。

それから時刻表を確認。
30分おきにシントラ行きが出てるだけど、他に行き先がない様なのだが・・・www
8番線くらいまである行き止まりの駅なのに、行き先一つなの・・・??
そして、これまたヨーロッパの駅には珍しく、
ホームに入る前に改札が!!
地下鉄と同じ自動改札機があり、スイカみたいな厚紙の切符をタッチすると開く。
なんか日本にいるみたいだwww

車両の外側は汚いが、中は結構綺麗。
地下鉄も外見の割に綺麗なんだよね。
乗り込んで出発を待ってると、ちゃんと時間通りに出発。
ラテンの国なのに、ちゃんと時間通りだなんて!!
ポルトガル、なかなかやるな!!www

出発するとそのままトンネルに突入。
トンネルを抜けると、背後にあった丘の向側に出た。
そして、1つ目の駅。
その駅からローマの水道橋っぽいものが見えた。
あとでガイドブックを見てみたけど、
あの1つ目の駅はまだリスボン市内なのに、
水道橋っぽいものは別に触れられてなかった。
あれは全然見所にならないものなんだろうか?
不思議。

列車は各駅停車で、小さな駅に止まる。
どうやらシントラ行きは都市近郊線の役割を果たしてる感じ。
シントラまで行く人はほとんどいなかった。

9時過ぎにシントラ到着。
山の中の小さな駅なのにここも自動改札!
外に出るとシントラも快晴でテンション上がるわぁ!!
でも、寒いwww
昨日、ヒートテック着て動き回って凄く暑かった教訓を生かし、
今日はヒートテックは着ずにきたんだけど、
シントラが山の中にあることを忘れていたww
ダウン着てたから良かったもののホント寒いわ。

駅前のバス停からシントラ旧市街へ行くバスが出てるんだけど、
時刻表見たら、20分後!
歩いて20分てガイドブックに書いてあったから、
どうするか悩んだけど、
昨日歩き回ってまだ足が痛かったので、大人しくバスを待つことに。

バスを待ってる間、バス停前のカフェでパステイス・デ・ナタを食べるww
お店によって味が違うなぁ。
あと、バス会社のオフィスでシントラ~ロカ岬~カスカイスの1日乗車券と
ロカ岬行きのバスの時刻表をもらった。
ロカ岬行きは1時間に1本しかないので、逃すと痛いな・・・。

とりあえず、まずはバスでシントラの旧市街へ。
崖の中腹にへばりつくように作られた小さな街なんだけど、
ここの王宮とか山の上にあるムーア人の城壁とかが世界遺産らしい。
全部見てると、明るいうちにリスボン戻ってベンフィカのショップに行くっていうのが無理なので、
昔の王宮だけ見学。

王宮の詳しいことは覚えてないんだけど、
どの部屋も壁がアズレージョのタイルで飾られていて綺麗だった。
特に一番奥の紋章の間が!!
窓からは遠く大西洋まで見渡せるし、天井の紋章がホントに凄くって。
あと、当時の厨房が面白かったなぁ。
厨房の屋根自体が煙突みたいになってた。
外から見て、あの煙突はなんだろうって思ってたんだけど、
厨房の屋根だったのね。

サクサクッと中を見学してしまい、
そのまま駅に戻ってロカ岬行きのバスを待つには1時間近く待たなきゃいけなくて、
時間潰しにシントラの名所を循環してるバスに乗って周遊。
シントラの名所は、その他に山の上にあるムーア人の城壁と
ノイシュバンシュタイン城に対抗して作った?ペナ宮があるんだけど、
今回はロカ岬とパブロのユニの方が大事なので断念。
なんたって、今回の旅はサッカー見に来たんだからね!
多少の観光は犠牲にしないと。
でも、天気も良かったし、凄く長めが良さそうだったなぁ・・・。
その2つに向かう山道もすぐいクネクネした急な坂道で、
そこを淀みないハンドル捌きで運転するバスの運ちゃん、すげぇ。

駅に戻って、また同じバス停でロカ岬行きのバスを待つ。
よくよく見ると、ここからも遠くに大西洋が見える!
海まで雲一つなく、ロカ岬は曇っているとかはなさそうだ!!
大西洋を見に行くのは、アイルランドのモハーの断崖続き2度目なんだけど、
モハーでは霧雨降る寒い中の大西洋で、すごく残念だったんだけど、
今回は見事そのリベンジが果たせそうだ!

さて、時間が来たのでロカ岬行きのバスに乗る。
景色が見やすいように1番前に陣取る。
って、乗客は私しかいないwww
みんな、ロカ岬行かないの??

このバスもロカ岬までの田舎道をもの凄いスピードで駆け抜ける。
たまに車幅すれすれの道とかあるんだけど、
スピード緩めず、運ちゃんすげぇなぁ。

そして、ついにロカ岬到着ー!!
周り、なんもなーい!!!
目の前には海しかなーい!!!

と、興奮を抑えつつ、インフォメーションでユーラシア大陸の西の端証明書を作ってもらう。
これがA4サイズくらいの大きさで、
ペラ1枚のやつと、二つ折りの厚紙に証明書を貼った立派なやつと2つあって、
別にペラ1枚で十分な程度なんだけど、
鞄には入らないサイズの紙をペラ1枚持ち歩くのは、
折れたりして嫌だなと思って、立派な方にした。
鞄に入るサイズだったら、良かったんだけどねぇ。

証明書を書いてもらってから、いざ、岬へ!!
って、目の前だけどwww
そして、風がすんごい強いんですけどwwww
さっき作った証明書がしっかり持ってないと飛ばされるよ!!!
他にもいろいろ飛ばされてしまいそうなくらいの海風で、
しかも、晴れているとはいえ冬なので風は冷たくて寒かった。
なんとか強風に耐えながら、写真を撮る。
ターコイズブルーの大西洋はとても綺麗だった。

一通り写真を撮った後は、お土産屋さん兼カフェに避難。
ここでお昼食べようと思ったけど、軽食しかなかったので、
ポルトガル版カフェオレ的なやつと、
ショーケースにあったミニタルトを注文。
このタルト、食べてみたらシナモンの風味が凄くて美味しかった。

カフェで暫し休憩するも、1時間近くバスが来ないので暇・・・。
ここでもちゃんと電波は入ってるのにネットには繋がらない。
ネットに繋がれば、暇つぶしは可能なのにな。チクショー。
座ってるのにも飽きたので、外に出てまたウロウロ。
まぁ、何もないけどね・・・。
あ、焼き栗屋さんがいたので、ついに焼き栗買った!!
焼き栗の大きさは、日本の栗と同じくらいで、
横に切れ込みが入ってるから向きやすかった。
熱々のホクホクで美味しかった!!
一袋で10個くらい入ってるのかな?
量が多くてお腹いっぱいになったwww
焼き栗が入った袋は、殻を入れる用の袋とセットになってて、便利な仕様だった。

かなりバスを待って、今度はカスカイス行きのバスに乗って、カスカイスへ。
カスカイスに何があるって訳じゃないけど、
ここからもリスボンに戻れるので。
行きと同じ道を戻るのもつまらないからね。
カスカイスは海辺の街なので、海を見ながらひたすら下る。

終点のカスカイスに着き、リスボン行きの電車の時刻表を確認しようと駅に入ったら、
5分後に出発の列車が!!
慌てて切符買って乗車。
待ち時間にカスカイスをブラブラしようかと思ってたけど、何もせずwww
列車の車窓から太陽の光に輝く大西洋が見えた。

30分ほどでリスボンのカイス・ド・ソドレ駅到着。
ここも自動改札。カスカイスも自動改札。
案外ポルトガルは公共交通のレベル高いかも。
ここから地下鉄に乗って、ルスへ。
時間は3時くらいなので、まだまだ明るい。

ルスに到着して、昨日どうやって越えるのか分からなかった高速道路だけど、
明るい中見ると、ちゃんと渡るところがあった!
あっさりルスまで行けた~。
そして、ルス脇のオフィシャルショップでアイマールユニ購入!!
別にベンフィカ自体を応援してるわけじゃないけど、タオマフも買ったwww
サビちゃんのユニも買うかどうか悩んだけど、
やっぱ自分の中でサビちゃんはユニを買うほど好きじゃないと判断して止めた。
他にはお土産用にパブロとサビちゃんのポストカードと、
サビちゃんの自伝本とベンフィカのロゴ入りチョコ買った。
お店にはコンドームも売っててビックリしたww
こんなグッズまで売るんかい!
ってか、それだけ需要があるってことだよねwww
こんなの初めて見たわwwww
ネタで買ってみたかったけど、
そんな勇気も、上げて笑ってくれる人もいないから止めておいたwww

そういえば、レジで店員の兄ちゃんが値札剥がしてくれてたんだけど、
上手く剥がせなかったみたいで、
「これ、プレゼント用?上手く剥がせなかったんだけどいい?」
みたいなことを聞いてきて可愛かった♪

さて、今日の目的は全て完了!!
まだ日暮れまでには2時間くらいあるので、
サンジョルジェ城の向かいの丘、バイシャ・アルト地区へ。
ここには、急な坂道を登るケーブルカーがあるので、
リスボン来たら、ケーブルカー乗らなきゃでしょ!!

そんなわけで、また旧市街に戻ってケーブルカー体験。
これもレトロな木造の車両で、情緒満載。
丘の上からは、夕日に染まる市内とサンジョルジェ城!!
良い眺めだわ~。
そこからバイシャ・アルト地区をテクテク歩いて、
路地裏の坂道下ったらカイス・ド・ソドレ駅に着いたので、
また地下鉄に乗って旧市街の中心へ。

時間は6時くらいだけど、まともなお昼を食べてないので腹減り・・・。
まだ現地の人たちの夕飯の時間ではないので、
夕飯メニューを出してるところがなく、
昨日行ったスイッサでキッシュとパステイス・デ・バカリャウとケイジャーダを買ってホテルで食べた。
パステイス・デ・バカリャウは、バカリャウのクリームコロッケ的な感じで美味しかった!!
ソース欲しい、ソースww
ポルトガル料理は美味しい魚料理いっぱいあるからいいな。
日本人の口に馴染むの分かるわ。

夕食後は、部屋に付いてるipodドッグで音楽流しながら、
年賀状書いたり、日記書いたり。
ライブCDかけるとすんごい盛り上がるwww

さて、もう明日は帰国日。
1日目に到着が遅くなったおかげで、滞在時間短くてあっと言う間だ・・・。
お土産全然買ってないので、
明日は朝からお土産探しに行かないと。

拍手

昨夜は日付が変わる頃に寝て、
目覚ましをかけずに8時頃に目が覚めた。
外を見ると既に日が昇ってる様子。
やっぱイギリスとかよりは日が出るの早いな。

身支度して、朝食へ。
朝食のビュッフェは、普通な感じで、
ハムとかソーセージとかスクランブルエッグとか。
これといってポルトガルらしいのはないかな。
ただ、ネスプレッソがあって、
色んな種類のエスプレッソが飲める模様。
エスプレッソ飲めないけど、
このマシンはちょっと使ってみたい。

ご飯を食べながら、ガイドブックを見て今日の行き先を考える。
とりあえず、世界遺産のジェロニモス修道院とジョルジェ城は行きたい!
んで、遠いところから行くかなって思ってジェロニモスへ。
ガイドブックで行き方を調べて、朝食終了。
一旦部屋に戻って、準備をして9時過ぎに出発。

外に出るとき、昨日の夜が思いの外暖かくて、
ダウン要らない感じだったから、
今日の日中は、ダウンなくていいんじゃない?って思って、
ダウン着ないで一旦外に出たんだけど、
寒って思って、部屋にダウン取りに戻ったwww
やっぱ冬だねww寒いよwww

仕切り直して、再度外へ出て、地下鉄の駅へ。
外は雲一つない快晴。
こっちは雨期で雨が多いって聞いてたけど、
それが嘘のようだ。
でも、天気が変わりやすいって聞くから、
念のため折りたたみ傘は持っていくことに。


ホテルから地下鉄の駅は、徒歩2分くらい。
近くて便利。
チケットは自動券売機で買う。
3日分の1日乗車券を購入。
まとめて買ったから、3枚チケットが出てくるのかと思ったら、
紙のカードが1枚だけだった。
この1枚で3日分乗り放題の状態になってるっぽい。

この紙のカード、厚紙で出来てるくせにスイカみたいな機能を備えてて、ビックリ。
どういう仕組みなのか分からないけど、
自動改札にこの厚紙をかざせばOK。
いやぁ、便利だな。


んで、まずは地下鉄でバイシャ・シアード駅へ。
ここで下車して、コメルシオ広場へ。
ここからジェロニモス行きの市電が出てるので。

バイシャ・シアードの駅を降りて、外に出ると、
そこはリスボンの旧市街で、ようやくリスボンに来たんだなって感じ。
ホテルの周辺は、新市街だから、ビルばかりで、あまり旅行に来た感じじゃないんだよね。
リスボンの旧市街は、なんだかメキシコの旧市街に似てるかなぁ。
あそこまで古くはないけど、壁にタイルを多用しているところとか、
なんだか色合いがくすんだ感じが。
だけど、足下の石畳はとても綺麗で、天気は晴れてるし、
嫌な雰囲気は全然しない。

コメルシオ広場の方向を向くと、ちょうど太陽に向かって歩いていく感じになり、
さらには、その広場の先には海みたいなテージョ川が広がっていて、
それが余計気分を明るくしたのかも。
駅から広場への歩いていく感じはとても良かった。

広場に出ると、太陽に照らされたテージョ川がとても眩しくて、
一気にテンション上がった!!
ただ、この週末にイベントがあるようで、広場はその準備中だったのがちょっと残念。
だけど、明るい広場と、その向かいにある凱旋門が本当に綺麗で、
大航海時代のポルトガルはまさにこんな雰囲気だったんじゃないかなって思った。

広場を抜けて、テージョ川の辺に立ち、市内の方を振り返ると、
右手の丘にサン・ジョルジェ城が!!
立派な城壁に興奮し、ジェロニモスよりも先にジョルジェへ行くかどうか悩む。
天気が変わりやすいっていうのを考えると、
ジェロニモスに行ってる間に雲が出て、
ジョルジェからの見晴らしが悪くなったら嫌だと思って。

だけど、ジョルジェへの行き方は調べてなかったんだった・・・。
ジェロニモスに行って、お昼食べながらジョルジェへの行き方を考えようと思ってたんだよねww
自分の準備不足なのでしょうがない・・・。

そんなわけで予定通り、コメルシオ広場から市電15番に乗ってジェロニモス修道院へ。
リスボンはバスと市電が縦横無尽に走っていて、
結構案内も分かりやすくて使いやすそう。
特に市電は、あと何分で来るよっていう電光掲示板があるので、
待つのか歩くのか判断しやすくて凄く助かる。

市電の型は、木造の旧式から最新の低床タイプまで様々な模様。
15番は最新型だった。
バレンシアとかで乗ったタイプと同じで、
ドアはボタンを押さないと開かない仕組み。
乗ったら、さっきの1日乗車券を機械にかざせばOK
しかも、この1日乗車券でリスボンの観光地は全部回れるので、
ゾーンを気にしなくて良いのは助かるなぁ。

椅子に座って、外を見ながらジェロニモスへ。
リスボンのバスも市電も使いやすけど、
ただ、停留所を教えてくれないのは、ちょっと困るなぁ。
乗り降りする人がいないと通り過ぎるから、
停留所を数えるのも大変だ。
一応、停留所には、小さく名前が書いてあるので、
止まった時にそれをチラッと確認して、
今どこにいるのか確認する必要がある。

で、初めての市電だったので、
見事に降りる停留所を間違えたwww
他の観光客らしき人たちが降りるから、ここなのかと思ってwww
まぁ、一つ手前で降りただけだったので、充分歩けたんだけど。
そして、降りていった観光客らしき人たちは違う方向に行ってしまったのだけどwww
あれ?www

停留所一つ分歩いて、ジェロニモス修道院到着!!!
デカーー!!!!
そして、青い空に白い建物が映えて、凄く綺麗!!!
マジでテンション上がるわーーー!!!!

と、ジェロニモスを見上げていたら、
外国人の団体客が来たので、
この人達で煩くなる前に中へ。

今回の旅は、本当に事前の下調べをしてなくて、
このジェロニモスも到着すれば、チケット売り場分かるし、
見学順とかもあるだろとか思っていたら、
チケット買った後、入り口が分からずwww
前の人が、チケット買った後、一度外に出て、
チケット売り場脇の教会の入り口に入ったから、
そこが入り口なのかと思ったら、その教会は無料で見れる場所で、
おや?このチケットはどうすれば??ってなった。

とりあえず、教会を見学。
太陽の光がステンドグラスを通して教会の中に降り注いでいて、
荘厳な感じが際立ってた。

教会の椅子に座りながら、ようやくガイドブックを開いて、
ジェロニモスの見所を調べるwww
そしたら、この教会は、バスコダ・ガマのお墓だ見所だそうで!
日本人として、それは見ておかないとねww

教会を出て、またチケット売り場へ。
普通にこの奥が入り口だったみたい。
なんで、さっき前にいた人は戻っていったんだろうか・・・。

中に入ると早速、ジェロニモスの見所である回廊に出た!
白い花崗岩?大理石?で出来た回廊は本当に綺麗で。
凄く絵になるわ~!!!
写真撮りまくる。

そういえば、中に日本人の団体客いたなぁ。
ポルトガル、マイナーだと思ってたけど、そうでもないのかな?
昨日のルスのチケット売り場でも日本人見掛けたし。

いっぱい写真撮って、ジェロニモスを脱出。
目の前の公園を抜けて、今度は発見のモニュメントへ。
その途中、焼き栗屋さんを発見。
エッセイで焼き栗屋さんの話は何回か読んだことあるけど、
実際に見たのはこれが初めてだ。
これは絶対この旅行中に食べないとな!!
でも今はお腹減ってないので後で。

んで、発見のモニュメント。
ここにも日本人団体客が。
しかも、すれ違った人に日本語で挨拶されたし。
ホントに結構日本人いるもんなんだな。

発見のモニュメントは、大航海時代の記念碑的な感じで、
これはきっと、ポルトガルによって”発見”された国の人じゃないと
面白くないんじゃないだろうかと思ったり。
まぁ、結構外国人観光客いたけどね。
モニュメントは、側面に当時の有名人のレリーフがあって、
後は一番上が展望台になってる程度で大したことない。
あと、目の前の広場に世界地図があって、
ポルトガルが”発見”した国の所には、その年号が入ってるだけ。
ちゃんと日本が見つかっちゃった年が入ってたよ。

そこからテクテク川沿いを歩いてベレンの塔へ。
昔の川の関所ですって。
こんな川幅の広いテージョ川をどうやって見張ってたんだろって思わなくもないが、
要塞とかは楽しいですよね!!

そういえば、ここのチケット売り場で、
挨拶とありがとうをポルトガル語で言ったら、
係のおっちゃんに喜ばれたよ。
英語以外の国って、現地の言葉使うと喜ばれるのが良いよね。
旅の楽しみの一つだよね。

ベレンの塔を出て、市電の停留所まで歩く。
朝、ホテルを出た時は寒かったけど、
この頃にはもう汗だくで・・・。
ダウンいらなかったかも・・・。
足下もブーツじゃなくて良かったかも・・・。
ヒートテックも要らなかったかも・・・。
全て今更の話だけど。
日中の気温は15度くらいになってたみたい。
風もなく晴れてるとなると体感温度はもっと高いかも。
とりあえず、東京よりは全然暖かい。

市電の停留所到着。
横のキオスクでペットボトルの水を買う。
喉乾いた・・・。
ペットボトルの水、0.5ユーロだった!安い
今、ユーロが下がってるとはいえ、この値段は安いわ。

さて、市電に乗ってジェロニモスに戻る。
ジェロニモスの近くにあるエッグタルトのお店へ。
エッグタルトのことよく知らなかったんだけど、
どうやら、ジェロニモス修道院が発祥らしいですよ!
そして、今は修道院で作ってないけど、
その近くにあるパステイス・デ・ベレンってお店で、
伝統の味を引き継いでるんだとか。
ポルトガルのガイドブックにも旅行エッセイとかでも紹介されてるくらいの有名なお店で、
本場のエッグタルト食べないとね!!

そんなわけで、お店の中へ。
結構賑わっている。
観光客も地元の人も混じってる感じだ。

疲れたから奥のカフェスペースで休もうと思ったら、
ちょうどお昼なのもあって、カフェスペース混んでた・・・。
しょうがないので、カウンターで立ち食い。
二口ぐらいのサイズなんだけど、本当に美味しい!!
これがエッグタルトね!
(ポルトガル語では、パステイス・デ・ナタという)
パリパリのパイの部分が本当に美味しく!!
ポルトガルのエッセイで、これは日本に持ち帰れないっていうの分かったわ。
このパイのパリパリ感は時間が経ったらダメね。
出来たてだから、美味しいんだなぁ。多分。

すっかりナタに嵌って、
市電15番に乗ってリスボン中心部へ戻る。
今度はコメルシオ広場を通り過ぎて、終点のフィゲイロ広場へ。
ここでサンジョルジェ城方面へ向かう市電12番に乗り換え。
市電12番は、フィゲイロ広場からアルファマ地区の丘をグルッと一周して、
またフィゲイロ広場に戻ってくる路線。
こっちはレトロな木造の車両。
走り出すとすごいギシギシいってて、
なんかテレビで見るリスボンのイメージ!
しかも、この路線は細く急な坂道を通るので、
ますますリスボン来たんだなぁって感じがした。

あと、凄く外国っぽいなって思ったのが、
地元のおばあちゃんが、運転手さんと顔なじみっぽくて、
乗ってる間ずっと喋ってるなって思ったら、
停留所じゃない急な坂道の途中で市電を止めてもらって降りていった。
多分、この近くに住んでて、いつもこの路線使ってて、
坂道登るの大変だから、こうやって降ろしてもらってるんだろうな。
こういう人情溢れる感じがいいよねぇ。
日本の、しかも東京じゃこんなのないな。

で、この市電12番でまずはカテドラルへ。
停留所が分からんって思ったけど、
カテドラルらしき建物を過ぎた辺りで市電が止まったので降りてみたらビンゴ!
サクッと中を見学。
正面のところがとても綺麗だったなぁ。

あと、クリスマスが近いせいか、
さっきのジェロニモスの教会にもあったけど、
キリスト誕生の馬小屋を再現したジオラマが飾ってあった。

クリスマス関連だと、バスの正面にある電光表示に
「Feliz Natal(メリークリスマスのポルトガル語)」って書いてあった。
街中がクリスマス一色だろうとは思っていたけど、
バスまでクリスマス模様だとは思わなんだ!

カテドラルを出たら、いよいよサンジョルジェ城!
天気は相変わらず快晴だよ!!

ってことで、カテドラル前の停留所からサンジョルジェ城行きのバスに乗る。
が、あまりの急な坂道のため、止まったら走り出せなくなったwww
しょうがないので、バスさえ動けない急な坂道を歩いていくことに。
その途中でお昼。
店先の看板におっきく「サルディーニャ・アサーダ(鰯の塩焼き)」って書いてあるお店に入った。
んで、当然のことながらサルディーニャを注文。
ついでに、せっかくポルトガル来たんだからと思って白ワイン頼んでみた!
けど、やっぱワイン無理だわwww
グラス1杯の飲めなかった・・・。
サルディーニャ・アサーダは、丸々と太った鰯が5匹も出てきてビックリ!
これに付け合わせの野菜と茹でたジャガイモが2つで、600円くらいですよwww
物価安いわ~。

んで、肝心のお味は!!!
すっっっっごい美味しい!!!!
身がふっくらしてるて、生臭くないし、皮と身の簡単に剥がれるし、
本当にこの近くで取れた新鮮な鰯なんだなぁって思った。
これは日本人には有り難いメニューですよ!
ただ、こんだけ美味しい塩焼きだとご飯欲しくなるwww
あと、ナイフとフォークじゃなくてお箸で食べたいわwww

鰯5匹もはさすがに食べれず・・・。
残すの勿体ないけど、お腹いっぱいで・・・。
これ、一人旅の宿命ですよね。

お腹も膨れ、ワインで顔を真っ赤にして、
また急な坂道を登るwww
すると、サンジョルジェ城の城壁見えてきたー!!!
お城を見ると興奮するね!うん!!

そして、中に入ると眼下にテージョ川とリスボン市内が一望!!
ちょうど日が傾き始め、オレンジ色の光に照らされた市内は、
本当に綺麗だったなぁ。
城壁沿いに市内を眺めながら、写真を撮ったり。

んで、お城の本丸へ。
まぁ、本丸といっても跡地なんだけどね。
本丸の城壁は、登ってグルッと一周歩くことが出来て、
これまた楽しかったなぁ。
ただ、幅が狭いので、人とすれ違うのが怖かったけどwww
昔の兵士は、重い鎖帷子とか着て、この上を走ったんだから凄いよねぇ。

ここから、テージョ川にかかるすんごい長い橋、バスコ・ダ・ガマ橋が見えた~。
全長20キロ以上もあるって聞いて、どんだけ~!って思ったけど、
川幅の一番広いところにかかっていて、納得。

そういえば、お城の敷地内にクジャクがいたwww謎www
あと、ここでも日本人に会った。

お城を出てからは、入り組んだ路地裏を散策して、
市電12番に乗ってフィゲイロ広場へ。
もうすっかり夕暮れ。

フィゲイロ広場の一角にあるスイッサっていうケーキ屋さんに入って、
昨日ジョアンにもらったケイジャーダを探してみたんだけど見つからず。
とりあえず、ナタとカステラの元になったパォン・デ・ロを買った。
ナタは1つって言ったら、2つからじゃないとダメなのって言われたので、2つ買った。
最初、店員さんがそのまま食べるようにお皿に載せてくれたんだけど、
お昼のサルディーニャがまだお腹の中にいるので、
ホテルに帰って食べようと思って、テイクアウトにしてもらった。

それから市内一の目抜き通りを歩いて、バイシャ・シアード駅へ。

ここでもクリスマス間近なせいか、
色んな団体がクリスマス募金を募っていた。
その中で若い子達15人くらいで歌ってる団体がいたんだけど、
その中にすっっっっっごい美青年がいて、
久しぶりに、この子は写真撮らなきゃ!!!って思ったwww
いや、本当に美しかったよ!!!
これは周りに自慢しないと!!!

その美青年がいる団体をずっと見ていたかったけど、
そういえばベンフィカのオフィシャルショップで
パブロのユニを買わないきゃいけないことを思い出して移動。
昨日は時間がなくてタクシーで行ってしまったけど、
今度は地下鉄に乗ってルスへ。

と、その前に、一旦ホテル戻って、
さっき買ったお菓子を部屋に置いてきた。
ルスまで1本でいけて、旧市街にも近いホテルにして良かったよ。
とても便利。


ルスの駅を降りて、巨大なショッピングセンターを抜けるとスタジアムだと聞いていたんだけど、
スタジアムとショッピングセンターの間には、高速道路らしきものが・・・。
これはどう越えていくだろうか・・・。
って、その前にもう日が暮れてしまって暗いし、
時間も6時くらいでスタジアム横のショップも閉まってるんじゃね?
って思って今日は諦め。
ショッピングセンター内のフードコートで夕飯食べることに。

ショッピングセンターは、土曜日だからなのか、
クリスマス前の週末だからか、
すっっっごい混んでて、
本当に大きなショッピングセンターなのに、人を避けて歩かなきゃいけないくらいだった・・・。
なんか日本と変わらねぇじゃねーか・・・・

フードコートもこれまた広くて、マックとかイタリアンとかたくさんのお店があったんだけど、
端から端まで歩いて何食べようか考えて、ポルトガル料理のお店で
バカリャウのクリーム煮的なものにした。
これまたとても量が多く・・・半分で断念・・・。
味は美味しかったけどね。
ほぐしたバカリャウとタマネギとジャガイモの千切りをクリームで煮てあって、
日本人には馴染みがある感じの味だった。
グラタンみたいにオーブンで焼いても美味しそうだ。

満腹になって眠気も襲ってきたので、ホテルへ。
んで、明日のロカ岬行きについて調べようと思ったら、ネットが繋がらない!?
昨夜はちゃんと繋がったのに何故!?
どこをどうやっても、有線も無線も繋がらず・・・。
フロントに聞きに行こうかと思ったけど、
もう足が疲れちゃって、ブーツ履きたくない・・・。

そんなわけで、下調べを断念。
ガイドブックだけを頼りにロカ岬へ行く。
それと、早めに戻ってきてパブロのユニフォーム買いに行く!
ってことだけ決めて、洗濯物して、湯船に浸かって就寝。

あ、夕方に買ったお菓子は結局お腹いっぱいで食べれず・・・。
明日の朝に食べることにした。

拍手

リスボンは、ただいま17日の朝9時です。

昨日はすんごい色々あったんだけど、
それは後に書くとして、
ちょっと、まさかの展開で、iPhoneでネット繋がらないっていう事態www

原因は不明なのだけど、国際ローミングが使えてるのは確かで、
電話番号でメールのやり取りするSMSは使えるんだよね。
なのに、MMSとかネットには繋がらない。

おかげでとても不便ですよ。
一人旅で寂しいからツイッター呟きまくろうかと思ってたのに。
ネット使えないなんて、なんのために国際ローミングにしてるんだか。

ネットはホテルに無料の無線LANがあるので、
部屋にいる間は大丈夫なんだけど。


そんな訳で、メールはSMSしか受け取れません・・・。


さて、これから、観光に出てきます~。

拍手

今回は初めて成田を夜9:55に発つエールフランスを使用してみた。
これなら定時に会社出ても大丈夫って思ってたんだけど、
全然大丈夫じゃないことが前日に発覚www
定時に出るとチェックインの時間ギリギリっていう事態www

そんなわけで、定時よりも早く出ることに。
夕方、人事MTGあるから夜の便にしたのに、
これじゃあ、中抜けしなきゃだよ・・・。
しかも、中抜け理由が超私用だしな・・・。
事前に分かってれば、前もって言えたのに、
自分の勘違いのせいで前日に発覚したので、
当日に中抜けしますって言うのは、とても言いずらく・・・。
でも、言わないと飛行機乗れないし!

ってことで、非難囂々浴びながら、6時過ぎくらいに会社を出て成田へ。
途中、山手のダイヤが乱れてるというハプニングもあったけど、
なんとかチェックイン時間に間に合った。

そこで気付いたんだけど、
9:55発のエールフランスが成田の最終便なのね。
スカイライナーに人いないし、
ターミナルにもあまり人いないしでビックリしたわwww
あと、お店もほとんど閉まってて、
飛行機乗る前に何か軽く食べようと思ってたんだけど、目論見が外れた。
それなら、会社にあるお菓子持ってくれば良かった。


9時半頃に搭乗開始。
今回は奮発して往路はプレミアムエコノミーにしたんだ!
どんなものかとワクワクしたんだけど、
自分の席行く前にビジネスを通ってきたら、
こんなものかって気分になったwww

でも、やっぱエコノミーと比べたら、
シートの幅とか前後とか広いなって思う。
何よりシェル型の座席だから、前の背もたれが倒れてこないのが、
ストレスフリーだわ。

あとは足置きとかふくらはぎ置き?もあって、
足は結構楽ちんだった。

そのおかげか、結構寝ることが出来た。
多分8時間くらい寝れたんじゃないかな?
まぁ、熟睡って言う訳じゃないけど。
エコノミーだと4時間くらいがせいぜいだからねぇ。
これだったら、ちょっと頑張って片道だけプレミアムエコノミーにするのはありだなって思った。

機内映画は見たいと思って見れてなかった「プリンセス・トヨトミ」見た。
アイス食べる堤真一が可愛い!!
っていうくらいの映画かな?ww
映画館で見なくて良かったかもwww


そういえば、席の隣はイケメンフランス人でした!
あとCAもイケメンなフランス人だった!!
久しぶりに目の保養になったわww

隣の席のイケメン、パンに思いっきりジャム塗って食べてたり、
降りるとき、コート着ようとして、
コートのポケットに入ってた小銭ぶちまけちゃったりして、可愛かった♪


そんなわけで、現地時間の朝4時過ぎにパリのシャルル・ド・ゴールに到着。
この時間もシャルル~の開港時間なんだって。
おかげで、飛行機降りて、イミグレ行ったらまだ係の人いなかったwww
15分くらい待たされたのかな?

あと、iPhoneで初国際ローミング繋げてみたら、
何故かネットが出来ない。
今までの携帯ではパリでもちゃんと使えてたんだけどな??


イミグレ後、リスボン行きの飛行機に乗り換え。
2時間半くらいまだあるので、寝ないようにしながら待つ。
途中、強い眠気に襲われたので、空港内の小さなカフェで、
カフェラテとマカロンを買った。
本場?のマカロンはすんごいデカかったwww
多分、日本の5倍くらいあるww
全然一口じゃ食べれないwwww

マカロン食べてたら、搭乗開始の時間に。
気付けば外は土砂降りの雨・・・。
それなのに、飛行機へはバス移動・・・。
バスに乗って待ってたら、係のお姉さんがやってきて、
なんか説明してみんな降りたので私も降りる。

で、さっきみたいにまたゲートの前でみんな待ってるから、
天候不良で飛べないとかなのかなぁとか思いながら待つ。
ひたすら待つ。
途中、アナウンスが何回か入ったんだけど、
どれも事情説明だけだったみたいで、
誰1人動かないから、私も待つ。

んで、最終的には、フライトチェンジするので、
皆さん、付いてきてくださいみたいなことを係の人が言って、
みんなゾロソロ付いていくから私も付いていく。
ゲートから離れるってことは欠航確定ってことか。

係の人に連れられてフライトチェンジのためのカウンターに来たのだけど、
すぐに手続きが始まらず、並ばされただけで、また待つ。
係の人たちは、どうするどうする?って感じで話し合ってて、
なんか展開が読めん・・・。

暫く待って、ようやく結論が出たらしく、
説明が始まり、人の名前を呼び始めたので、
振り替えるってことなのかな?って思ったら、
名前を呼んだのは数人だけで、
その他の人は16時の便になりますって。え!?
ドヨドヨなる周囲。
名前呼ばれなかった人たちがどういう事だよ、それ!みたいな感じで怒ってて、
私も16時の飛行機じゃ試合ギリギリじゃねえか!!って思い、
もう1回ちゃんと係の人に聞いてみようと思って、
待機してた列から離れて、
係の人に聞こうと思ったら、
同じ便に日本人らしき人を発見。
声かけてみたらビンゴ!!
その人も事情はよく分かっていなかったみたいだけど、
フランス語は分かるそうなので、
一緒にフライトチェンジの手続きをしてもらった。

で、最終的に分かったこと。
・欠航理由は機体整備不良で飛べない
・名前を呼ばれた人はビジネスの人で、
 13時半の飛行機に少し空きがあったので、
 優先的に回したんだって
 それでも、ビジネスの人全員ではないらしい。

ということで、その日本人の人と一緒に粘ってみたけど、
どうやっても16時のリスボン行き以外は、無理らしいと判明。
これだと現地到着が17時半で、試合が20時だから、間に合わなくもないけど、
試合前のアップとか、事前にスタジアム周辺を散策するとか、
アイマールとサビオラのユニ作るとか、
いろいろ考えてた準備が全部出来ないってことか・・・。

まぁでも、しょうがないから次のフライトまでの6時間を埋めないとな。
パリ市内に出るにしても何の準備もしてないから、
行き方とかも分からん・・・。
前に1回来たことあるけど、あの時のことはうろ覚えだ。
フランス語は全然分からないしなぁ。

ってな訳で、助けてくれた日本人のKさんとパリ市内へ。
Kさんは以前、仕事でパリに住んでいたと言うことで、
パリ市内に出るまでいろいろ話を聞かせてもらった。

パリも雨風が強くて、全然観光できる感じではなく・・・。
まぁ、見たいところも正直ないんだけど。
でも、さすがにそれじゃあ行き先決まらないから、
パッと出てきたシテ島にあるステンドグラスが綺麗な教会に行ってみたい
って話をして、そこまで案内してもらった。
その前にちょっとカフェで一服。
Kさんのパリ滞在話はとても興味深く、
住んでた人から見るとフランス人ってそう見えるなだなって思った。
今までは、フランス人特徴みたいなものって、
本で読んだ程度だったから、
本当に住んで、そう感じたって人の話は本当に興味深い。

で、シテ島の教会まで案内してもらって、そこでKさんとは一旦お別れ。
1人でステンドグラスを見てきた。
思ってたより教会の規模は小さかったけど、
ステンドグラスはとても綺麗だった。
雨降っててもこんなに明るいんだから、
晴れてる日はもっと綺麗なんだろうなぁ。

教会を出たら、また酷い雨風・・・。
小康状態だったら、ちょっと街歩こうって気になるけど、
こんなんじゃ、外にいたくないなって思って、
そのまま空港へ。
空港でお昼を食べて、また飛行機までの時間をひたすら待つ。
その間に空港では、雨が止んで虹が出ていた。

んで、ようやく16時が近くなって、飛行機乗るぞって思って、
搭乗ゲート行ったら、また30分遅れになってるし!
朝一緒だった人たちが、係の人に詰め寄ってた。
その気持ち、分かるわぁ・・・。
お前らのせいで、1日のスケジュールが潰れたのに、
振り替えたやつでも遅れるとは何事か!?って思うよねぇ。
まぁ、でも飛んでくれれば、それで良いよっていう気分にもなった。
だって、そのまままた遅れてパリ1泊とか勘弁じゃん!!

まぁ、結果的には17時くらいまで遅れてようやく飛行機出たんですけど。
ますます間に合うか微妙だよ・・・って思いつつも眠気に負けて飛行機の中爆睡。
予定通りなら、下見して、一旦ホテルで仮眠してから試合行く予定だったからなぁ。


リスボンには現地時間の18時半くらいに到着。
リスボンも雨・・・。
踏んだり蹴ったりだな・・・。
そして、預けた荷物がなかなか出てこず・・・。
もうダメなのか・・・。

でも、試合が途中からでも、生で見ることを諦めちゃダメだと思い、
荷物をピックアップ後、すぐタクシー乗ってホテルへ。
ホテルに荷物置いていかないとデカい荷物持ってスタジアムには行けん・・・。
んで、ホテル着くなり、フロントの人に
「今からベンフィカの試合見に行くんで、チェックインは戻ってきてからします!
 荷物は預かってください!!」
って言って、荷物預けて、またタクシー拾ってスタジアムへ。
ここで金はケチってられないからね!

そしたら、試合開始20分前くらいにスタジアム着いたー!!!
急いで当日券売り場へ。
もうすぐ試合始まるっていうのにちんたら売ってんじゃねーよ!
とか思って並んでたら、
地元のベンフィカサポのおっちゃんに話しかけられる。
チケット1枚余ってるだけど、1人なら一緒に見ない?って。
それは席次第だなって思って、席の場所を聞いてみたら、
バックの真ん中ちょっとアウェーよりの前から5列目!
それならOK!!

ということで、ポルトガル人のおっちゃんとベンフィカの試合見たwwww
スタジアム入って席に着いたら、ベンフィカのマスコット鷲のビクトリアちゃんが
ちょうどピッチ上空を旋回して降りてくるところで、
これも見たかった1つなので見れて良かった!
写真は録り逃したけれども・・・。

選手は既にアップを終えていて、スタメンは分からず。
スタジアムは結構空席が目立つけど、7万も入るスタジアムだから、
早々いっぱいにならないよね。

スタジアムの写真撮ってたら、選手入場。
パブロはスタメンにいる~って思ったら、
ぎゃー!サビちゃんもスタメンだー!!!
今シーズン、サビちゃんはベンチスタートが多くて、
しかも、パブロと交代とかだったのにーー!!!
パブロとサビちゃんが一緒にプレーしてるところは見れないのかと
諦めていたけど、まさかの2人ともスタメン!!!
そうすると、アップが見れなかったのが余計悔やまれるけど、
しょうがないか・・・。

パブロとサビちゃんは、相変わらず良いコンビネーションで。
パブロは常にサビちゃん狙ってるんだもんなぁ。
2人がワンツーで抜け出そうとするプレーとか、
パブロのスルーパスとか、こんな間近で見れて幸せ~。
しかも、パブロのアシストでサビちゃんゴール!!!
他の選手がゴールしてもあんまりやる気を見せずに駆け寄っていたパブロも
サビちゃんへは走って駆け寄っていたwww
パブロアシストのサビちゃんゴールは、ドイツでも見れなかった気がするから、
多分生で見るの初めてだと思う!

あと、相手FKの壁がいつもサビちゃんとパブロで、
ちっこい2人じゃ壁の意味ないだろwwwって思ったり。

後半半ばで2人も交代しちゃって、
ベンチで誰か間に挟んで座っていたんだけど、
その間の人を飛び越えて2人で会話してたりして、
だったら、パブロの反対がの隣空いてるからそっち座れよとか思ったwww

そして、2人が交代してからは試合に対しての興味が低くなって、
すごい眠気がwww
眠気に耐えるの辛かったわぁ・・・。

あ、ベンフィカのゴール裏は、見てたらちょっと面白い光景があって、
ゴール裏を半分に分けて、応援合戦みたいなことしてて、
同じ歌を左半分と右半分が交互に歌ってるんだけど、
どっちも俺達の方が声出してるぜ!みたいなアピールしてて、
なんか面白かった。
動画撮ろうとして逃した。

んで、ベンフィカは5-1で勝利!!
相手がリオ・アベだからゴールラッシュになるだろうと思ってたけど、やっぱりな。
選手はゴール裏に挨拶とかに行かずにあっさり帰って行ったので、
私もあっさり帰る。

帰り道、チケットくれたおっちゃんにどうやって帰るの?って聞かれて
メトロで帰るって言ったんだけど、
そのままおっちゃんと一緒に人混みに付いていったら、
メトロ行きの人混みじゃなかったようで、
見かねたおっちゃんに、車で送ってあげるよって言われたwww

そんな訳で、おっちゃんの車まで歩いていったのだが、
その間、おっちゃんが拙い英語で一生懸命話しかけてくれて、
私も拙い英語でそれに答えなどした。

おっちゃんの名前はジョアンで50歳だって!
さすがにそんな歳には見えなかったww
しかも、私と同い年の娘がいるけど、3歳の娘もいるって!!!
え!?どういうこと??

車に乗った後、1杯ビール飲んで帰らないか?って聞かれて、
さすがに、今日、日本から来たから疲れててホテル帰りたいって答えた。
でも、熱心に誘ってくるので、じゃあ1杯だけねって言って、
連れてきてもらったのが、ポルトガルで最初にビールを作った工場のお店。
ジョアンは常連らしく、店のおっちゃんとベンフィカ話をしたりしてた。

そこでハーフパイントのビールを1杯だけ飲んで、
ホテルの近くまで送ってもらった。
ジョアンがフェイスブックやってるっているので、
私もやってるから後で探すねって言って、ベソしてバイバイした。
ジョアン、いろいろありがとう!!!


んで、ようやくホテルにチェックインして、長い1日が終了。
もう、バタンキューの勢いだったけど、なんとかお風呂入って、洗濯して寝た。



そういえば、スタジアムで売ってたケイジャーダっていう
一口サイズのチーズタルトをジョアンからもらったんだけど、
凄く美味しかった!!
ベンフィカの試合見に行くときは、これ買った方がいいよ!!

拍手

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アーカイブ
ブログ内検索
スケジュール
応援中!
『タベモノ戦線異状ナシ』応援中!
世界のお天気
忍者ブログ [PR]