忍者ブログ
ジュビロ磐田と名波浩と相馬直樹を愛するちゃぽのぼやきです。 主にJリーグ、バレンシア、映画のことを中心に日常を綴っています。 日記に関するコメントはリンクの中にある伝言板に残してもらえると嬉しいです♪♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝は7時起床。
昨夜はこの旅行の中では一番よく眠れた。

身支度をして朝食を食べに行く。
ロビーにあったクリスマスツリーとかが撤去されてた。
1月2日から通常モードっていうのはホントなんだね。
街中でも結構クリスマス装飾が片付けられ始めていた。


今日はまずホース・ガーズを見に行く。
ホース・ガーズは、近衛騎馬隊の詰め所で入り口には騎馬衛兵がいるっていう話だったのに、
行ってみたら門の前に兵隊さんが一人立っているだけだった。
しかも、寒さで震えてるし!私たちが通り過ぎたら、こっち見てたし!(笑)
中に入ったら、馬の匂いはしたけど姿は見えず。
超ガッカリ・・・。
次回行くときは絶対騎馬隊見るんだもんね!!(><)

それから、地下鉄に乗ってトワイニング本店へ。
昨日行った場所の近くだった・・・。
そして、閉まっていた・・・。
時間は間違ってなかったと思うので、普通に休みだったんだと思う。
トワイニングって、ティーバッグばかりだからお茶葉を買ってみたかったんだけども。

しょうがないので次の目的地へ。
歩いてコヴェント・ガーデンのウィッタードに行った。
ちょうどコヴェント・ガーデンに着いた頃に太陽が出てきて、テンション上がった!
ロンドンで初めて太陽見たよ!!!
やはり太陽を見ると気分が高揚しますね。
ずっと曇り空だとやはりなかなかテンション上がりませんよ。

ウィッタードでお土産のお茶を買い、
他にも色々お店を見て、
ゴディバでセールになってたチョコ詰め合わせてホットチョコレートを買い、
ティーハウスでまたお土産のお茶を買った。
このティーハウスのお兄さんが美人だった。
最初女の人かと思ったもん。
でも、声が男だった。
そして、なんか学生っぽい感じだった。
バイトとかかな?

それからマーク&スペンサーを覗いて、
近くのパブでお昼を食べた。
アフタヌーンティーをすることを考えたら、
一つの料理を二人で分けて食べてちょうど良い感じ。
ご飯代安くなるしね(笑)
ここのパブの料理は美味しかった。
付け合わせの野菜がちゃんと歯応えが残ってる程度の堅さだった。

それからピカデリーサーカスに戻って、フォートナム&メイソンへ。
その前にウェッジウッドとかも覗く。
今は冬のセール期間中なので、半額とかになってて安い!!
メジャーなラインの絵柄はカップ&ソーサで1000円もしないんだよ!!!
そんなに安くウェッジウッドが買えるとは・・・!
こんなに安いなら何か一つでも買って帰りたかったけど、
輸送のことを考えたら、不安になったので買わなかった。

メイソンに移動して、ここでもお茶を買う。
今までパックしてあるお茶ばかり買っていたので、
量り売りで買ってみた。
正直言うと特に欲しい銘柄があった訳じゃないんだけど、
一番無難な感じで、アッサムを見せてくださいって頼んで、
2種類あった中の香りの良い方を買うことにした。
んで、量り売りだからそんな高くないだろうって思ってたら、
100gで9.45ポンドもした!!
日本で買うよりも高い・・・。
それだけ良いアッサムだったのかな?
正直自分が買ったアッサムのグレードが分かっていない(^^;

他にもジャムとか欲しいなって思ったけど、重そうなので辞めた。

そして、最上階のカフェでアフタヌーンティー!って思ったら、
予約いっぱいで今日は無理って言われた・・・(凹)
ここでお茶してみたかったのになぁ。
とりあえず、メイソンを出て、どこでお茶しようかって相談して、
ナショナルギャラリーのカフェに行くことにした。
観光も出来てお茶も出来て、一石二鳥。

そんなわけで、一旦ホテルに荷物を置いて、ナショナルギャラリーへ。
まず、ナショナルギャラリーのカフェに直行。
目的はお茶だからね。うん。
アフタヌーンティーがちゃんとあったけど、
お腹の空き具合からして無理そうだったので、
スコーンとお茶だけにした。
そしたら、注文取った後にスコーンが品切れで、ケーキで良いか?って言われて、
残念に思いながら承諾したのに、最終的にはスコーンが出てきた。
いや、嬉しいんだけど、一体何があったの??!
まぁ、スコーンは美味しかったけどね。
ってか、クロテッドクリームがねぇ、ホント美味い!
どっさり塗ってもサラッとしてるのが良いね。
嗚呼、持って帰りたいよ。クロテッドクリーム。

お茶の後は、先にショップでお土産を物色する。
お母さんのお土産に2009年の日記を買った。
見開きの片側が絵画の写真でもう一方が週日記になってるの。
これなら使ってくれなくても写真集として楽しめるかなって思って。

さて、お土産も買ったのでようやく真面目に絵画鑑賞(笑)
閉館まで1時間しかないので出口で天然ちゃんと待ち合わせて、
お互い好きなものを見ることにした。
私は、大学の西洋美術史で勉強した絵が結構ナショナルギャラリー所蔵だったなぁ
って思って、勉強した年代―ルネサンスの前からルネサンス辺りを中心に見た。
誰のどの作品かは詳しく覚えてないけど、
有名画家の作品見れば、見覚えがあって思い出すだろうと思っていたんだけども、
隅から隅まで見てもな~~~~~んにも思い出せなかった(死)
知ってる画家のはいくつもあったけど、図説で見たやつだったかなぁ??
って感じで全然ピンとこなかったし、感動もなかった。
でも、順番に年代順に見て、ラファエロは凄いなって思った。
それまで暗い宗教画が多かった中で、あの鮮やかな画面はとても綺麗だった。
後、ベラスケスもあったのでそっちまで足を伸ばして見たけど、
ベラスケスって宗教画も描いたんだねぇ。
有名なのはやはり宮廷画家になってからの王族の肖像画とかだから、
それ以外のモチーフが見れたのは良かったなぁ。
でも、ベラスケスの有名なものを見るならやっぱプラド行かなきゃなって思った。
他にも勉強した有名な画家って、大体イタリア、オランダだから、
そこら辺見るなら現地行った方がもっとたくさん見れるよねぇ。

でも、ホントに授業であんなにナショナルギャラリーの名前聞いたのに、
何一つピンとこなかったのが、不思議でならない。

閉館の6時前に出口のところで天然ちゃんと落ち合って外に出たら、
もう外は真っ暗。
だけどお茶したばかりだからお腹減ってないんだよねぇ。
ってことで、ちょっとクロテッドクリームを探す旅へ。
スーパーとかで売ってるなら買って帰ろうかなって思って。
でも、今のところハロッズで見たくらいで、
庶民レベルの一般的なスーパーでは、
牛乳とか乳製品の棚でみかけてないんだよねぇ。
一体どこで売ってるのか!?
スコーンにはクロテッドクリームというのは一般的に見えて、
実は庶民レベルでは一般的ではなかったりするんじゃなかろうか。
そんなことを考えつつ探してみたら、2軒目の大型スーパーで発見!!!
だけど、1種類しかなかった。
そんなにたくさん種類があるようなものでもないのだろうか。
まぁ、とりあえず購入。
賞味期限は短い代物だけど、日本でも食べれるってだけで満足です!

さて、夕飯。
お茶しちゃうとホントにお腹減らないんだよなぁ。
積極的にご飯食べたい気分にならない。
一人前の量も多いし。
そんなわけで、適当にホテルの近くのお店に入って、
1人前を半分こ。
これがホントにちょうど良い量なんだよねぇ。
そんなに空いてないお腹を適度に埋めてくれて、
気持ちよく夢の中へ行けます。

そんなわけで、ホテルに戻って、お風呂入ったり、帰りの荷造りしたり。
今回はお茶の缶とか角張ったものたくさん買ってしまったので、
融通が利きにくいから詰めるの大変。
途中で挫折して寝た。

拍手

PR

昨夜は結局カウントダウンとかしないで寝た。
もう、疲れた体に鞭を打って、カウントダウンで盛り上がるなんて気力はありません・・・。
多分大学生くらいだったら、出来たはず!

しかし、外はカウントダウンで相当盛り上がっていたよ。
ホテルの近くのトラファルガー広場がカウントダウンのメイン会場で、
さらには、ちょっと先に花火打ち上げ場所のロンドンアイ。
絶対煩いだろうなって覚悟してたけど、ホントに煩かった。
寝て1時間くらいでロンドンアイの花火打ち上げの音で目が覚め、
その後年が明けても騒ぎまくる音でぐっすり眠れなかった。
ぶっちゃけ耳栓しようかなとも思ったけど、
部屋が寒くて布団から出るのが躊躇われて、結局出なかったというオチ・・・。
それで寝不足です。はい・・・。


今朝は7時に起きて身支度して朝食へ。
エレベーター待ってたら、黒人女性がやってきて、
見知らぬ私たちに「Happy New Year」って言ってくれた。
そして、昨日はどこでカウントダウンしたの?みたいなことを聞いてきたので、
その時にはもう寝てたって答えたら、爆笑してた。
そして、その女性は、4時まで遊んでて2時間しか寝てないのよ!
しかも、あの寒い中ブーツじゃなくてパンプスだったのよぉ!
みたいなことを凄い勢いで話してきたので、
とりあえず、マジで!それは寒いよぉ!!っていうリアクションを取ってみた。
実際は、あんま何言ってるのか分からなかったけど、
きっと上記のようなことを言っていたと思う。

ロビーでも朝食のレストランでも朝の挨拶は、
「Happy New Year」だった。
その後もどこ言っても挨拶はまず「Happy New Year」
なんかこれって良いなぁって思ってしまった。
だって、日本じゃ例え店員さんに「あけましておめでとうございます」
って言われたとしても同じようにこっちは返さないでしょ?
「Happy New Year」だと立場とか関係なく気軽に口に出せる
その雰囲気が良いなぁって。

朝食後、今日は元旦でどこもやってないことが予想されるので、
あまり元旦は関係ない場所を選んで行くことにした。
そんなわけで、まずはハリポタの世界、キングスクロス駅へ!
ちょっとのんびりして9時半頃にホテル出たんだけど、
街中にほとんど人はいなく、昨晩の残骸が至る所に・・・。
でも、そこまで汚くないし臭くなかったなぁ。
地下鉄はちゃんと動いてた。

で、キングスクロス駅。
ヨーロッパによくある行き止まり式の大きな駅だけど、
ホームは電車の高さと一緒で乗り降りしやすそうだ。
ハリポタの9と3/4番ホームはあっさり見つかった。
9番ホームと10番ホームの間に記念写真用の文字が書いてあるんだと思ったら、
ホームの入り口だった。
9番ホームはヨーロッパでは珍しい改札を通ってからホームに入る形だったので、
ホームには入れないからこの形式なのね。
でも、ちょっと残念。
サクッと記念写真を撮って終了。

キングスクロス駅の周りをちょっと歩いてから、
天然ちゃんが行きたいと言っていたテンプルへ。
一応キングスクロス駅からテンプルへは、
山手線みたいな循環してる地下鉄で行けるはずなんだけど、
ホームに行ってみたら全然テンプル方面が来ない!
しょうがないので、違う路線使って、ホルボーンから一駅分歩いた。

ホルボーンからテンプルに向かって歩いてる間、
ホントすんごい寒くて、つい開いていたスタバに入ってしまった。
ちょっと暖かい飲み物でもっと思ってメニュー見たら、
ショートサイズがない!!!
全部トールからだった・・・。
そっかショートって日本独自のサイズなんだ・・・。
でも、トールはデカすぎてちょっと困るんですけど。
こっちの人は、多いなぁとか思わないんですか?

テンプルはやっぱり中に入れなかったので、
テムズ川だけ見て、そそくさと退散。
ナショナルギャラリーならやってるんじゃないか!?
っていう勝手な予想の元、ナショナルギャラリーへ向かう。
すると、トラファルガー広場前の大通り沿いに何故か人だかりが。
もしかして、New Year’sパレードを見るための人だかり??
うっすら情報だけ知ってたけど、人混みは興味なかったので全然チェックしてなかったけど、
こんなホテルの近い場所通るんだったのかぁ。

沿道にはもう近寄れない感じだったので、
ちょっと離れた場所―でも、ビックベンからの大通りがよく見える場所で待ってたら、
12時過ぎくらいに、遠くビッグベンの辺りにパレードの先頭が見えた!!
ブラスバンドとバトントワリングが先頭で、その後ろに騎馬隊、
時代仮装をした人たち、またブラスバンド、チアリーディング・・・
と言った感じで続いていった。
うちらの場所からは近くに来たパレードの列は人垣が邪魔で何も見えなかったけど、
周りの地元民らしきおじいちゃんたちは一生懸命
見えるように前が空いたらここ空いてるよって教えてくれた。
ありがとう。
でも、やっぱり近くで見れないと興奮は続かないもので、
パレードの列が途切れたところで退散。
多分、まだまだパレードは続いてたと思うんだけどねぇ。

さて、本来の目的のナショナルギャラリーは果たして開いてるのか!?
・・・開いてなかった・・・・・・。
もう、どこもやってないよぉ。どこ行くよぉ!
ってことで、最終的には確実にやっているのが分かっているハロッズで買い物。
ハロッズ、昨日すんごい混んでたから
また今日もそれくらい混んでたらどうしようかと思ったけど、
今日はみんなパレード行っちゃってるのか、そんなに混んでなかった。

先に軽くお昼ご飯を食べてからお土産を買う。
食料品もセールだからお土産用のお菓子はここでいいだろって感じで、
適当に買う。
会社とかここのショートブレッドで十分だ。うん。

お土産買ったし、さて今日のお茶はどこにしよう。
ハロッズは昨日行ってしまったから、出来たら他のところに行きたい。
でも、休みのところが多い元旦。
正直、ガイドブックの休みの情報は当てにならない。
だけど、何もしないで今日はお茶なしって結論出すのはなんとも悔しい。
相談した結果、私が行ってみたかったオランジェリーに賭けてみることにした。
ハロッズのあるナイツブリッジから地下鉄に乗って、
ケンジントン宮殿の横にあるオランジェリーに移動。
もうケンジントン宮殿の最寄り駅に着いた頃には、
日没が近づいていて、ハイドパークは薄暗くなっていた。
早足でオランジェリーへ。

オランジェリーが見えてくると、人の出入りが見えた。
おお!ここは新年からやってるのか!!
しかも、オランジェリーの前に広がるケンジントン宮殿の庭には、
たくさんのリスが餌を求めてウロウロしてるし、
結構人間から餌をもらっているのか、自ら近づいてくる。
あ、前の人はリスに餌上げようとしてるよ
って、よく見たら、その人、高校の友達だったー!!!!
すんげぇビックリした!!!
こんなイギリスで!しかも広いロンドンで高校の友達に会うなんてーーー!!!!
私はかなり興奮してしまった。
聞いてみたら、友達は今お茶をして出てきたんだって。
まだだったら一緒にとかちょっと思ったのに。
帰国したら会おうねって約束をして分かれた。

オランジェリーはギリシャ神殿みたいな感じの内装で、
天井が6mくらいあって、それでいて間接照明だからなんだか薄暗い・・・。
ここで本読んだら目が悪くなりそうだな・・・。
でも、晴れた日に外の庭園を眺めながらなら悪くないかもしれない。

結構席は埋まっているようだったけど、席には全然待たずに座れて、
スコーンとお茶を注文。
お昼はスープだけだったとはいえ、
アフタヌーンティーセットを頼むほどお腹に余裕ないわ・・・。
むしろスコーンだけでも入る隙間があって良かった。
天然ちゃんは、スコーンも入る隙がなかったので、お茶だけ。
スコーンは昨日のハロッズとはまた違った味で美味しかったぁ。
ホント、どこ行ってもスコーン美味いわぁ。
まったり1時間くらいお茶した。

外に出るともう完全に真っ暗。
店内にはトイレがなくて、建物の裏側にあるそうなので、
帰る前にそこに寄ろうとしたら、
公園と庭園を区切ってる柵の向こうから外人のお姉さん二人に話しかけられた。
何かと思って聞いてみたら、
オランジェリーに友達がいるから中に入りたいんだけど、どこも門が開いてなくて、
どこから入ればいいか教えて欲しいらしい。
私たちが入ってきた入り口を教えたら、そこはもう閉まってたって。
じゃぁ、私たちも分からないって答えたら、今度は向こうに、
「それじゃあ、あなたたちはどこから出るの?」
・・・どこから出ればいいの??(汗)
私たちも向こうも首を傾げるしかなく、
でも、まだこっち側には人がいるわけだから、
全部の門が閉まってるわけがない!ってことで、
建物の裏側に回ってみたら、1カ所ちゃんと開いてたー!
私たちも無事に帰れるし、お姉さんたちも無事に友達に会える!
ってことで、解決(笑)
何事もなくて良かったわぁ。

すっかりトイレに行きそびれてしまったけども
寒いし暗いしでトイレに寄る気が失せたので、さっさと帰ることに。
地下鉄を乗り継いでようやくホテル到着。
トイレ行って、ちょっとまったりしてから意を決してパブへ。

パブは私も入ったことがなくて、すんごいドキドキだった。
とりあえず、ガイドブックに載ってたホテルから一番近いパブに行ってみた。
外から混み具合が分からないけど、中に入ってみたら、
予想以上に混んでいて、座る席もない感じで、
諦めて外に出ようと思ってたら、一番奥に空いてる席発見!
席確保後は、順番にカウンターで飲み物を買ってくることになって、
先に天然ちゃんが行ったんだけど、
ソフトドリンクが見あたらなかったと言って戻ってきた。
私は、ビールにしとけば確実に飲めるだろと思っていたので、
交代でカウンターに行って、普通にカールスバーグをハーフパイント買ってきた。
その時にカウンターの奥にコーラとか見つけたから、
天然ちゃんにコーラとかあったよって教えてあげて、
2回目のトライで天然ちゃんも無事に飲み物買えた。

んで、ようやく乾杯。
さて、次に食べ物はどうやって頼むんだ!?
飲みながら暫し周囲を観察。
やっぱ食べ物もカウンターで頼んで、お金払って、席に運んでもらうっぽい。
だけど、どうやって席の場所を説明するんだ!?
席にも番号とか着いてるわけじゃないし・・・。
しかし、悩んでいても食べ物食べれないし、
腹括って注文しに行ってみた。
注文するのはすんなり出来たけど、最後にどこの席?って聞かれて、
やっぱどう説明して良いのか分からん(@@;
身振り手振りでなんとか伝える。
なんか伝わったぽい。
大丈夫そうな予感。
お金払って席に戻る。
それから、結構待たされたけど、無事に頼んだフィッシュアンドチップスはやってきた~。
良かった良かった。
そして、お腹いっぱいだと思ってたけど、
目の前に食べ物があると案外食べれもので・・・(^^;
一人前を二人で分けてもあまりそうだと思ってたけど、ペロッと綺麗に食べきってしまった。
待たされたのが良かったかもしれない(笑)


ホテル戻ったら、アルコールと疲れのおかげで激しい眠気に襲われて、さっさと就寝。

拍手

あけましておめでとうございます。
昨夜はカウントダウンなんてする体力が残ってなかったので、早々に寝ました。
外はカウントダウンで盛り上がってたみたい。
煩くて目が覚めた。



そんなことよりもビックリなことが。
こんな広いロンドンで、高校の友達に会ったー!!
お互い来てるの知らなかったのに、ケンジントン宮殿のオランジェリーティールームでバッタリ!!
めちゃくちゃビックリした!!!



これだけ書いて今日は寝ます。
パブでビールをハーフパイント飲んだだけで眠い…。

拍手

今朝は6時半起床。
昨日8時過ぎに寝たことを考えると10時間は寝たのか・・・。
いっぱい寝たなぁ。

7時半に朝食。
とりあえずビュッフェだったけど、あんま品数なかったなぁ。
ブラック・プディングが食べたいって思ってたのになかった・・・。
イングリッシュブレックファーストになるように選んでみた。
アイルランドを思い出してなんか懐かしい。
ソーダブレッド?ライ麦パン?も美味い。
牛乳は、日本と変わらない感じの味だった。ガッカリ

ご飯を食べてる間にようやく外が明るくなってきた。
でも、日が昇ってもなんだか薄暗いなあ。
さすがロンドン。
なんだかうっすら霞がかってるしね。
そういえば、部屋でBBCを見てたら、
天気予報で「とても寒いNew year's eveとなっています」って言ってて、
最高気温が2度だった!!
そりゃ寒い・・・。
昨日の現地添乗員の人が「今年は近年希に見る寒さ」って言ってたのを実感。
ホントに今年のロンドンは寒いんだね。
例年だと東京都変わらないみたいだよ。


ご飯を食べ終わった後、部屋に戻って支度をして外へ。
まだお店が開いてる時間じゃないけど、
ただ部屋にいてもしょうがないし、
散歩をしつつ、観光名所へ向かおうってなって、
ぶらぶらとピカデリーサーカスからグリーンパーク方面へ。

途中、フォートナム&メイソンを外から見て、
ウェッジウッドも外から見て、
あっという間にグリーンパーク到着。
グリーンパークを横切ってバッキンガム宮殿へ。
グリーンパークはなんともイギリスらしい雰囲気が漂っていて良かった。
バッキンガム宮殿は外からサラッと見て、写真撮って終わり。
近くて微動だにしない衛兵を見れるのかと思ったら、
柵越しで遠かった。

バッキンガム宮殿からまたぶらぶら歩いてウェストミンスター寺院へ。
ウェストミンスター寺院は、中の構造が他のヨーロッパの教会と違った。
唯一似てるなって思ったのはメキシコの大聖堂(正式名忘れた;)
身廊を区切ってあるのは、王家が使うからなのかな?
正面から奥が見渡せないのって、なんか変な感じ。
あと、あんなにデカいのにパイプオルガンは小さかった。
一番良かったのはヘンリー7世の作ったチャペル。
天井が凄く綺麗だった。
あと、回廊庭園の芝生がどんより雲の中でも眩しいくらい青々としていた。

ウェストミンスター寺院を出た後は、
ビッグ・ベンを間近で見て、バッキンガム宮殿へ急ぎ足で戻って、
衛兵交代式を見た。
だけど、衛兵交代式がどんな感じで行われるのか全く分からなかったので、
予定時間を10分くらい過ぎた頃に騎馬隊が通り過ぎていって、
その後15分くらいずっと動きがなくて、
集まっていた観光客が痺れを切らして帰り始めた頃、
コソッと柵の中の衛兵が交代して終わった。
これがホントに衛兵交代式だったのか、全然分からないけど、
確かに交代はしていたので、目的達成?
騎馬隊はすんごく格好良かった。

衛兵交代式を待ってる間にすっかり凍えてしまったので、
メイソン方面に歩きつつ、途中で見つけたカフェで暖を取った。
暖かい飲み物だけで済まそうと思ったけど、
目的のアフタヌーンティーは、大体どこも15時半からで、
現在は12時ちょい過ぎなのを考えると、小腹埋めよう思って、
ジャケットポテト(チーズ乗せ、コーンスロー添え)を頼んだ。
そしたら、出てきた量が半端なくて、
しかもジャケットポテトがメインじゃなくて、
コーンスローがメインってくらいどっさりで、
さらに、そのどっさりのコーンスローが激不味だったーー!!!!
ついに不味いイギリスの料理に出会いました。
これはちゃんと書いておかないと。
ジャケットポテトは美味しかった。
デカかったけど。


店員さんがジャケットポテトを持ってきてくれたときに、
日本人?って聞かれたので、そうだよって答えたら、
「ここのオーナーはイタリア人で、彼女が日本人なのよ」って言ってきて、
その店員さんが知ってる簡単な日本語を言って去っていった。
店員さん的には日本人に好意的な感情がある感じだったんだけども、
またしても話しかけてきてくれる英語が全然分からなくて、
聞き取れた単語とジェスチャーと雰囲気で、
上記のようなことを言っていたんだろうなぁっと暫くして思った。

カフェで暖まった後は、地下鉄に乗ってヴィクトリア&アルバート美術館へ。
ロンドンの地下鉄は、ちゃんと券売機使えるし、
構内とか綺麗だし、明るいし、分かりやすいし良かった。
ただ、ピカデリーラインは大江戸線並みに深かった。
それと、大江戸線よりも車体が小さかった。
あれじゃあ、デカい外人さんたちはさぞや窮屈なんだろうなぁ。

ヴィクトリア&アルバート美術館は、とても面白かった!!
各テーマ毎に部屋が分かれていて、興味のあるところだけ見て回れるし、
テーマも多岐に渡っていて楽しかったなぁ。
特にメタルワークスのコーナーが良かった。
門扉のデザインとか窓の装飾鉄格子とか、
そういう細工物って好きだから興奮した!

ヴィクトリア&アルバート美術館の前の自然史博物館の前には、
スケートリンクがあって、みんな芋洗い状態の中スケートをしていた。
ちょっとスケートやってみたかったけど、芋洗い状態の中でやる勇気はなかった。

地下鉄で一駅戻って、次はハロッズへ。
ハロッズの店内でアフタヌーンティーをするつもりだったんだけど、
中が複雑すぎて、さらにセール期間中ですんごい人混みで、
軽く迷った。
インフォメイションの人に場所を聞いてようやくたどり着いた。

ハロッズのティールームは、ホントに高級な雰囲気を醸し出していたのに
ファミレスみたいに子供が駆け回ったりしていた。
ハロッズ、懐深いんだな・・・。
予約してなかったけど普通に座れて、アフタヌーンティを注文。
ポットがすんごいデカかった。
スコーンとクロテッドクリームがマジ美味い!!!!
ケーキとかサンドウィッチはいらないから、スコーンもっとくれ!って感じだった。
ってか、アフタヌーンティーはホントに腹一杯になりますね・・・。
暫く動けなかったもん。

外に出た頃にはもう18時で、お腹も減ってないし、疲れたし、寒いしで、
結局カウントダウンとかせずにホテルでさっさと休むことに決定(^^;)
年越しを楽しんでる余裕とかないですよ。ホントに。
もう少し暖かかったら、
トラファルガー広場のカウントダウンに行っても良かったかもしれないけど。

そんなわけで、ホテルでまったりして、風呂入って、洗濯して寝た。



拍手

今日は7:30起床。
天然ちゃん宅で朝食をご馳走になり、
空港まで車で送ってくれた。
話では今日が出国ラッシュのピークだからということで、
予定より早く出発したら、全然そんなことはなくすんなり空港到着。
ササッとチェックインを済まし、両替をする。
1ポンド=約144円
安いなぁ~。
2年前のユーロよりも安い。


予定より飛行機の出発が遅れたこともあり、
空港の中で2時間待ちぼうけ。
すんげぇ暇だな。
寒いの想定して着込んでるから暑いし。

12時過ぎにようやく搭乗開始。
今回はヴァージン・アトランティック。
2・4・2列の配置で普通より若干幅が狭いかも。
窮屈な印象だけども満員ではなかったので良かった。

飛行機の中では、全然眠れなくて、多分1時間寝たかどうかで、
その分映画を3本見た。

1本目は「ラスベガスをぶっつぶせ」
可もなく不可もなく普通な感じ。

2本目「マジック・アワー」
三谷幸喜作品で初めて笑った!!
今まで全然笑いのツボが分からなかったけど、
今日でなんだか分かった気がする。

3本目「セックス・アンド・ザ・シティ」
日本語吹き替えが下手くそで萎えたけど、
話自体は面白かった。

2回目の機内食はエビの掻き揚げ天丼又はトマトソースパスタだったんだけど、
斜め前の外人さんは予想していたものと違うものが出てきたみたいで、
メインの蓋を開けたまま暫く固まっていた(笑)


寝てない分、長く感じたけど、12時間ほどでヒースロー到着。
ついに来てしまいました、ロンドン!
ちょうど夕焼けの時間で綺麗だった。
ヒースロー空港は他のヨーロッパの空港と同じような匂いがした。
ヨーロッパスメルってこと!?

空港からはツアーの送迎でホテルへ。
日本語現地係員が送迎って色々説明が多すぎて疲れるから、
何も聞かずにずっと外ばかりを見ていた。
もう日が落ちてまっくらになってしまっていたけど、
街中に入っていくと、どの建物もすんごい可愛くてキュンキュンした。
それにクリスマスのイルミネーションがまだ残っていて、
外は結構明るかった。
夜が早く来てしまうのが残念だなって思ってたけど、
夜の街を散策するのは、それはそれで楽しいかも。

ホテルはナショナルギャラリーの真裏にあるホテル。
綺麗で設備も良いけど、笑えるくらいせまっこい。
まぁ狭いって分かっていたけど。


つーか、もう眠い!!ダメだ!!



……キリトリ……



一晩眠って、続きを書きます




ホテルに着いたのは18時くらいで、部屋に荷物を置いて早速ホテル周辺を探索。
目的はコンビニで水を買うこと。
喉が渇いた・・・。

ホテルの近くの広場で移動遊園地が開演していて、
子供たちがワーキャーと遊び回っていた。
とても可愛い。
もう外は真っ暗で感覚的には8時とかって思っちゃうけど、
まだ6時過ぎだから子供が遊んでても不思議はないんだよねぇ。
広場の周辺は子連れの人たちいっぱいで賑やか。
暗くてもこれだけ人がいれば怖くないかも。
それからトラファルガー広場を見て、
コンビニ見つけて、そこで水をサンドウィッチを買った。
もう眠くて頭が回らなかったので何も冒険はしないでおこうって思って。

ホテルに戻って、部屋にタオルが1セットしかないからもう1セット欲しい
ってフロントに言いに行ったら、Bath towelの発音が悪くて、
バスローブはエグゼクティブルームにしかないんだよ。って言われたんだけど、
何一つ単語が拾えなくて、天然ちゃんが拾えた単語で推測して、
バスタオルとバスローブを間違えてるって結論に至り、
バスタオルって言い直したら通じた。
無事にタオル貰えた。


それから部屋で夕飯食べて、風呂入って、洗濯して、8時過ぎには寝た。

拍手

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
ブログ内検索
スケジュール
応援中!
『タベモノ戦線異状ナシ』応援中!
世界のお天気
忍者ブログ [PR]